誰でも猫田のことが気になって仕方ない事項にびっくりもらえる戯画

校舎のうらには天使が埋められているは、すぐさま4年頃2グループの面々が描かれてある、一向に修了フォトみたいな図形からスタートします。そうして、よくある転校で見掛けるコントラストが出てきて、後堂というお嬢さんが例の授業にやってくるのです。因みにこういう乳児、世の中の紳士陣がリラックスしそうな可愛さがあって、なんとなく何かと期待してしまうね。なので転校生の仲立ちですが、震えている後堂君にやさしく声を掛けるエンジェルみたいな美少女が出てきて安心です。もしかしたら校舎のうらには天使が埋められているのエンジェル君は、この子なのかななんて考えてみたり決める。彼は自分のガッツを賢く掲示出来ないみたいで、相当他の塾生陣って仲良く出来ないみたいですね。ワンコといった話をしてみたりする、ちょい痛い所もありますが、普通に明るいお嬢さんです。そっちへ蜂屋あいというさっきの美少女が来て、子犬と共に嬉しい時間を過ごしています。けれども、只、学業で婦人塾生陣の間でよくある障害に巻き込まれて、エンジェルみたいなお嬢さんとの誘因が怪しくなって現れるわけですね。それでも、ずっとスゴイ核心を突きつけられるのが、校舎のうらには天使が埋められているというふとした気掛かり作品だったのです。周囲の塾生陣がみんなグルで、先生は総出可愛い子だと思い込んでいるとかマズイ事になるのは目に見えています。